【意外と知らない】糖質制限はなぜ痩せる?

【意外と知らない】糖質制限はなぜ痩せる?

ご覧頂きありがとうございます!
糖質制限ダイエッターのももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

今回は「糖質制限ダイエット」について詳しく説明して行こうと思います。

と言うのも、ダイエット全般に言えることですが、ただ単に「糖質を制限すれば痩せる!」「炭水化物と甘い物を食べなければいい」というざっくりとした知識では、ダイエット効果って半減してしまうんですよね(;^ω^)

 

筋トレなどにも言えることですが、「この運動はココの筋肉を鍛えている」と考えながら筋トレする方がしっかりと鍛えられると聞いたことはありませんか?

 

ダイエットもそれと同じなんです。

 

何故痩せるのか?という所を身体に暗示をかけるかのように意識するのと、意識しないのとでは例え同じ事をしても効果が変わってきてしまいます。
(人間って暗示や催眠術に弱いですよね)

 

ですので、糖質制限ダイエットをこれから始める方は、

「なぜ糖質を制限すると痩せるのか?」
「糖質を制限すると身体にどういう変化が起こるのか?」

という所をしっかりと理解した上で実行してみてください^^
1週間後、1か月後の結果が変わってきますよ♪



スポンサーリンク

糖質制限とは

簡単に言うと、食べ物に含まれる「糖質」を極力避ける食生活に変えることを意味します。

一般的に言う「炭水化物抜き」とほぼ同じ意味になります。
また、MEC食(M:肉のM、E:卵のE、C:チーズのC)と言われるダイエット法も、この糖質制限と同じ原理です。

 

糖質の多く含まれる食品の代表格は、
ご飯、パン、小麦、パスタ、うどん等の炭水化物。
さらにはお砂糖や甘いジュース、お菓子類なども糖質が多く含まれます。

それでも食べたくなったらこうするべし!

⇒糖質制限中のお米との付き合い方

 



スポンサーリンク

糖質制限の種類

糖質制限ダイエットには、ダイエットのハードさによって3段階に分けられます。
※ご飯お茶碗1杯:糖質約55.2g

 

プチ糖質制限

朝・昼は普通食。夜は糖質抜き
糖質摂取量:110~140g
【三大栄養素の目安】 糖質41%、タンパク質21%、脂質38%

 

スタンダード糖質制限

朝は普通食。昼・夜は糖質抜き
糖質摂取量:70~100g
【三大栄養素の目安】 糖質27%、タンパク質28%、脂質45%

 

スーパー糖質制限

3食全て糖質抜き
糖質摂取量:30~60g
【三大栄養素の目安】 糖質12%、タンパク質32%、脂質56%

 

※体重減少スピード※
プチ≪スタンダード≪スーパー

ちなみに、パーソナルジムで有名なRIZAP(ライザップ)は「スーパー糖質制限」を推奨しています。
始めて間もない内や、慣れるまではプチ糖質制限。
段々と慣れてきたら、スタンダード、スーパーという風に段階を踏むのもオススメです。

 

どうして糖質を取ると太るのか?


インスリンが過剰分泌され、糖質が余って脂肪へと蓄えられるから。

インスリンとは別名:肥満ホルモンと呼ばれている、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンです。食事を取ると血液中の血糖値が上昇し、それによりインスリンが分泌されます。

 

インスリンは血液中の血糖値を下げる為に、血液中の糖質を血液外に排出します。
インスリンに排出された糖質は主にエネルギーに使われます。ここまでが正常な流れです。

 

ですが、血糖値が急激に上がり過ぎてしまうとインスリンも過剰に分泌され、それぞれのインスリンが血液中の血糖値を下げるためにたくさんの糖質を血液外に排出します。

そうすると、エネルギーで消費出来る量の糖質を大幅に上回る量が排出されてしまいます。
この余分に余ってしまった糖質。これが身体に蓄えられて脂肪へと変化してしまうのです。

 

▽簡単に書くとこんな感じ。

糖質取る⇒インスリンいっぱいでる
⇒糖質余る⇒脂肪になって蓄えられる。

このメカニズムから、糖質を過剰に摂取すると太ってしまうわけです。

 

スポンサーリンク

糖質制限をするとなぜ痩せる?

摂取する糖質を少なくすることにより、血糖値が上がりにくい=インスリンが出にくい為、血液から糖質が排出される量が少なくなります。

しかし、私達の身体を動かすエネルギーを作るためには糖質が必要不可欠。
このままでは糖質が少ないので、エネルギーが作れませんよね?

そうすると身体は、「糖新生」と呼ばれる自力で糖エネルギーを生み出すシステムを発動させます。

※糖新生とは?

脂肪から分解されるグリセロール、筋肉を構成しているアミノ酸などを材料に、糖をつくり出すシステムのこと。ただし、この糖新生でつくれる糖の量にも限界があります。

なので、カラダは「糖エネルギーをメインに使う」から、「脂肪エネルギーを使う」システムにシフト。体内の中性脂肪を分解してエネルギーをつくり出します。
これにより、脂肪をエネルギー消費の為に使うようになります。

このメカニズムから、
体脂肪が減る=ダイエットになる。

というわけなんですね!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?
糖質を制限する事により、私達の身体は必然的に脂肪をエネルギーとして燃やすシステムへとシフトするように作られています。

 

糖質制限とは、そのシステムを意図的に発動させる、非常に人間の身体の理にかなったダイエットと言えます。

 

一度システムが発動すれば、次回過剰に糖質を摂取するまではずっとその状態が続くので、糖質制限無双モードに入りますw

私はこの事を理解してから、糖質を取るのが嫌になりましたw
だって、せっかく無双モードに入ったのに、そのシステムを止めたくはないですからね!

 

糖質制限はなぜ痩せるのか?を理解すると、モチベーションの維持には繋がります。
ぜひ、しっかり理解をしてこれからも正しく糖質制限ダイエットを続けて行きましょう!

 

※糖質制限ダイエッターの方に朗報です!※

友人、上司からの飲み会や食事のお誘い。
大好きなスイーツや甘い物。

どうしても我慢出来ないあなたに是非おすすめしたい!

⇒ご飯・パン・スイーツを我慢せずに痩せる方法

 

 

糖質制限カテゴリの最新記事

トップページへ戻る