舌トレーニングの効果とやり方!効果的に痩せる初耳学で話題のダイエット

舌トレーニングの効果とやり方!効果的に痩せる初耳学で話題のダイエット

ご覧いただきありがとうございます。
-30kgダイエッターの
ももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

 

今回は10/21林修先生の初耳学で話題になった、「舌トレーニングダイエット」についてのお話です。

舌トレダイエット方法

 

この舌トレは続けるだけで、2週間で2~3kgものダイエット効果が期待できるそうです!
しかも、食事制限や難しい運動は一切不要。

 

道具も何もいらないので、今日からすぐ始める事ができます♪

 

ももんが
そんなダイエット本当にあるの??信じられない!

 

お金がかからないので、学生さんや主婦の方にもオススメです!
それでは、舌トレについて詳しくご説明していきましょう。

 

▽こんな人にオススメ
・舌トレをやってみたい
・舌トレの効果を知りたい
・舌トレのやり方が気になる

それではいってみましょーー!



スポンサーリンク

 

舌トレってなに?

舌トレとはその言葉のまま「舌のトレーニング」の事です。

 

舌がおかしいから太る

「太っている人は舌がおかしいからいつまでも太っている」

 

と番組内で放送されていましたが、具体的には「味覚」を鍛えるトレーニングになります。

 

舌の感覚(味覚)が麻痺すると、食べても食べても満足感が得られずつい食べ過ぎてしまう原因に。
これを繰り返すことにより、どんどん太っていってしまうんです。

なので、舌トレでしっかりと味覚を鍛えて食べ過ぎを防ぐようにしましょう。

 



スポンサーリンク

舌トレーニングの効果・痩せる理由

舌トレーニングで痩せる理由

味覚を鍛えることにより暴飲暴食を防ぐため、痩せた状態をキープする事が可能になります。
この舌トレを実践した方の中には、たった2週間で2~3kg減に成功された方も続出しています!

 

ももんが
美味しい物を美味しいときちんと感じる事で、心もお腹も満足して食べ過ぎを防ぐことが出来るっていうわけね!

 

そしてその満足感を感じさせるために重要なのが「旨味成分」なんです!
この旨味成分を食事に一番最後に食べることで、食後の脳の満足度が高く維持出来るようになります。

 

例えば…

舌トレーニングの食事

このような食事メニューの場合、最後に食べるべき料理はどれかわかりますか?

 

 

正解は…

舌トレは味噌汁を最後に食べる

味噌汁です!
味噌汁と言えばお出汁を取ったり、味噌の中にも旨味成分がギュッとつまっていますよね?
ですので、最後に味噌汁を飲むことで食事に満足度がUPして、食べ過ぎを防いでくれるんです。

 

ももんが
お汁物はお腹もいっぱいになるし、一石二鳥!

 

毎日・毎食にお味噌汁を作るのが大変だなぁ~と感じる方には、インスタント味噌汁もオススメ!
最近のインスタント味噌汁はインスタントとは名ばかりで、しっかりお出汁の味が感じる本格派のものが増えてます。
お湯を注ぐだけで、簡単に1品が作れちゃうので常備しておくと何かと便利♪

 

▽私のオススメお味噌汁


 

舌トレーニングのやり方・ダイエット方法

 

舌トレーニングダイエットの方法は簡単!
食事の最後に”旨味”成分の多い物を食べるだけ。

 

たったこれだけで、食後の満足感が大幅にUPして暴食を防ぐことが出来ます!

旨味は食後の満足度を高める

番組内では、お味噌汁がオススメされていました^^

 

ちなみに、食後のデザートと呼ばれる甘いスイーツ。
甘い物は別腹と昔から言われますが、実は甘い物(糖類)は食後の満足感が持続しずらいのです。

糖類は満足感を維持しない

ですので、食後のデザートはダイエットにおいて絶対NGなのが納得できます。

 

しかし、お味噌汁に限らず、昆布・鰹節・干し椎茸などのお出汁の定番食材から、醤油・お味噌・オイスターソースなどの調味料にも旨味はしっかり入っています。
ですので、お料理のアレンジは幅広いですし、飽きずに続ける事が出来ますね!

 

また昆布茶などのお茶にも旨味成分は入っていますので、ぜひ食後はコーヒーではなくお茶を飲んでみてください^^

created by Rinker
玉露園
¥977 (2018/11/16 16:05:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は初耳学で放送された「舌トレ」についてのお話でした。
運動も食事制限もいらない本当にお手軽なダイエットと言えます。

 

日本人ならではのダイエット方法と言えるので、ぜひ毎日の食事を少し変えてみてくださいね。

 

 

食べるだけダイエットカテゴリの最新記事

トップページへ戻る