停滞期の乗り越え方がダイエットの成功を決める!原因と方法は?

停滞期の乗り越え方がダイエットの成功を決める!原因と方法は?

ご覧いただきありがとうございます。
-30kgダイエッターの
ももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

 

本日は、
「停滞期の原因と乗り越え方」
についてお話します。

停滞期の脱出方法

順調に減っていた体重がある日突然ピタッと減らなくなる。ダイエッターの方なら1度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

このとても辛い停滞期ですが、実は1日でも早く乗り越える方法があるってご存知ですか?
ダイエットをスムーズに進める為にぜひ停滞期の乗り越え方を知って、ストレスを溜めずにダイエットしていきましょう!

 

▼こんな人にオススメ
・今停滞期で悩んでいる。
・今からダイエットを始める
・最近体重が減らなくなってきた

それでは本日もいってみよー!



スポンサーリンク

 

ダイエット中に停滞期になる原因

悩んでいる女性

ダイエット初期の頃は食事制限をすると簡単に体重が落ちていたのに、ある日を境にピタッと体重が止まってしまうのはなぜでしょう?

 

ホメオスタシス機能が働いているから

人間は摂取カロリーが基礎代謝よりも著しく減った場合、脳が「飢餓状態」だと判断し、その防衛反応が起こります。
この防衛反応を「ホメオスタシス効果」と呼びます。

 

元々は食べ物が満足に得られなかった時代に身を守る為に備わった機能ですが、今の飽食の時代では大幅なダイエット=飢餓とみなされ、ホメオスタシス効果が発動されてしまうんですね。

私の経験上、1ヵ月に体重が5kg以上落ちたあたりから、食事も何も変えてないのに体重の減少がピタっと止まってしまいました(;^ω^)
もちろん個人差はあるのですが、だいたい今の体重の5%程度落とすと、このホメオスタシス効果が発動してくるようです。

 

筋肉が落ちてしまったから

筋肉質な男性

急な食事制限によるダイエットをすると、脂肪より先に筋肉が落ちてしまう場合があります。

その場合、筋肉が落ちると身体の基礎代謝も必然的に落ちてしまうので、たとえ食事量が同じ場合でも消費しきれなくなってしまいます。
その為、停滞期が訪れると考えられます。

だいたいはホメオスタシス機能による停滞期が大半かと思います。
体重が減らなくなったとしても、決してダイエット方法が間違っているわけではないので、そこは安心してくださいね(^▽^)/

 



スポンサーリンク

停滞期がおとずれる間隔

カレンダー

これは人それぞれ個人差があります。
ただ、大幅な減量(10kg以上)を目標としている場合には、数回訪れると思った方がいいです。

(例)
5kg減る⇒停滞期⇒5kg減る⇒停滞期

こんな感じです。

 

前の項目でも話ましたが、停滞期=ホメオスタシス効果によるものなので、1度目の停滞期を抜けてさらに5kgのダイエットに成功すると、また脳は「飢餓状態なのでは?」と判断し始めてしまいます。

その為、大幅な減量を目指す場合には何度も繰り返し停滞期はやってきます。

 

停滞期自体は2週間~1か月程度続く場合が多いので、この辺りも考慮した上でダイエット計画を練る方が良いですね。

 

停滞期を乗り越える方法

指をさす女の人

でも、停滞期ってダイエッターにとってつらいですし、1日でも早く乗り越えたいですよね?
停滞期の乗り越え方についてお伝えします。

 

特に何もしない

一番簡単なのは特に何もしないという事です。

停滞期は生理現象のようなものですので、同じ生活を続けていると脳が「やっぱり飢餓じゃなかったかな?」と考え出し、いずれまた体重は減りだして行きます。

2週間~1か月続くので長くはなりますが、諦めずにダイエットを続けていきましょう!

ちなみに私の場合は、停滞期が来たら体重計に乗らないようにしてます(;^ω^)
測ってもどうせ落ちてないですし、むしろ増えてる場合もあります。増えてた場合、ものすごく悲しくなるのでそれならもう見ない方がいいかなってw
停滞期であることを忘れられるのでオススメです♪

 

チートデイを行う

チートデイをする男性

チートデイとは停滞期が来た時にあえていつもより多く食べて「飢餓じゃないよ!」というのを身体に強制的に教える方法です。
この時に重要なのはいつものカロリーの2~3倍絶対に食べるということ。

中途半端なチートデイは失敗するだけでなく、ただ体重が増えてしまった。
頑張って食事制限していたのに、失敗してどうでもよくなった。
という、ダイエットに挫折する原因になることも多いです。

 

ですので、チートデイを行う場合にはしっかりとやり方を学んで実行してくださいね。

 

【関連記事】
⇒チートデイでまさかの失敗!その原因と停滞期を脱出する方法は?
⇒チートデイは翌日が危険!体重増加を防ぐ効果的な食事・筋トレとは?

 

運動を取り入れてみる。

ランニングマシン

今まで食事制限のみのダイエットをしていた方の場合には、この機会に運動を取り入れてみるのもオススメです。
停滞期の原因が筋肉が落ちたことによるものだった場合、この運動により筋肉を増やす事で体重が落ちやすい環境を作る事が可能になります。

 

また、普段から運動を取り入れたダイエットを行っていた方の場合は、いつもより心拍数が上がるキツめの運動をお勧めします。

 

【関連記事】
⇒[動画]自宅で出来る簡単トレーニング

⇒自宅でのトレーニングを長続きさせる方法

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

停滞期ってダイエッターにとってとてもつらい時期ですよね(´;ω;`)
頑張っても体重が減らないのは本当にモチベーションも下がります。

ただ、停滞期は私達の身体にとって大切な機能ですので、ここは仕方ないことと割り切って一番自分に合った過ごし方を見つけてくださいね。

停滞期・チートデイカテゴリの最新記事

トップページへ戻る