ダイエットの反動から起こるリバウンド・過食の恐怖!原因を知って止まらない食欲を止める方法

ダイエットの反動から起こるリバウンド・過食の恐怖!原因を知って止まらない食欲を止める方法

ご覧頂きありがとうございます。
-30kgダイエッターのももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

本日はダイエットを始めている方がに向けて、ダイエッターが一番恐れる「リバウンド・過食について」のお話です。

ダイエットを成功させたのにリバウンドする人って非常に多いですよね?
元の体重に戻るばかりか、ダイエット前より太ってしまい目も当てられない状態になってしまうことも。。。

 

そういう事態にならない為にも、リバウンドや過食をしてしまう理由を学び、ダイエット成功後も体形を維持出来るようになりましょう!

 

【こんな人に読んでもらいたい】
・現在進行形でダイエットをしてる方
・過去にリバウンド/過食経験がある方
・これからダイエットを始める方
・ダイエットに成功している方

それでは本日も行ってみましょう!



スポンサーリンク

 

ダイエットでリバウンドする理由

まず、そもそもなぜあれだけダイエットを頑張ってきたのにリバウンドしてしまうのでしょう?

 

ダイエットに計画性がない

ダイエットを始める前にはきちんとした計画性が必要です。
見切り発車的に始めたとしても、そのダイエット方法がライフスタイルに合わない場合継続することが出来ず、途中で挫折してしまう理由になります。

また自分のライフスタイルに合わないダイエット方法は最初は良くても、長期的な継続が難しく途中でやめてしまう場合が多いです。

 

停滞期が来てメンタルが負ける

停滞期は誰しも必ず訪れるものですが、いざダイエットを頑張っているのに体重がなかなか減らなかったら気持ちが負けて挫折してしまいます。
その為、頑張っても減らない!と自暴自棄になりダイエットを諦めてしまうパターンが多いです。

【関連記事】
⇒チートデイでまさかの失敗!その原因と停滞期を脱出する方法は?
⇒チートデイは翌日!体重増加を防ぐ効果的な食事・筋トレとは?

 

短期間で無理なダイエットをしようとする

短期間の無理なダイエットは確かに最初はスルスルと体重が落ちてモチベも上がります。
しかし、その方法を終了したあと食事や生活を元に戻すとすぐ逆戻り。
ダイエットは長期的な継続が可能なものにしましょう。

 

目標達成後にダイエット前の食事に戻してしまう

ダイエットという言葉の語源は食事制限とあるように、ダイエットは常日頃の食生活の改善をすることを意味します。
暴飲暴食をしていた人が食生活を改善したおかげでダイエットに成功したのに、また暴飲暴食を始めてしまったら当たり前に元に戻ります。

ですので、ダイエットが成功した後は完全に元の生活には戻さず、ダイエット中の生活を維持できるところは維持を続け、根本的な生活スタイルの見直しを行うようにしましょう。

 

筋肉が減って基礎代謝が低下している

食事制限などで体重を落とした場合、筋肉が減ってその分体重が減るということも考えられます。
その為、ダイエット前に比べ基礎代謝が落ち、以前と同じ食事内容でもリバウンドしてしまう可能性があります。

【関連記事】
⇒あのEXILE流!自宅で簡単トレーニング

 

ダイエットのストレス

ダイエットに我慢はつきもの。ですがその我慢やストレスが限界に達した為、リバウンドに走ってしまう方が多いです。
なるべくダイエット中はストレスを溜めないよう、要所要所にぷちご褒美を用意したりして発散していきましょう。

 



スポンサーリンク

どうしてリバウンドすると過食に走るのか

レプチンが減り満腹感が得られにくい体質になっている

食事制限ダイエットをしていると体内から「レプチン」と呼ばれる物質が減少していきます。

レプチンは満腹中枢を刺激し食欲を抑える働きをするのですが、ダイエット中はこのレプチンが減少することにより少量の食事でも満足に過ごすことが出来ます。

 

しかし、レプチンはダイエットを終了したとしても適正値に戻るまで1ヵ月ほどかかります。
その為、ダイエットをやめたばかりの時はレプチンが少量で満腹感を得られにくいので過食してしまうというわけです。

 

過度な食事制限

通常でも食事の我慢などからストレスをため込みやすいですが、やり過ぎてしまう場合はさらにストレスをため込むことになります。
ですので、その状況下で少しでも食べてしまった場合、一気に今までのストレスや緊張の糸が切れてしまい、過食の原因となってしまいます。

 

自暴自棄になる

めちゃくちゃ頑張っているのになかなか減らない体重。
そんなことにイライラしてしまいつい自暴自棄になってしまった時に、今まで我慢していたものが爆発し過食してしまう場合があります。

 

リバウンドを未然に防ぐ方法

最初にダイエット計画を立てる

ダイエットを始める前に計画しておきたい事。
1、ダイエットをする理由(具体的に)
2、ダイエットをする期間と目標
3、どういったダイエットをするのか
4、そのダイエットはなぜ痩せるのか
5、そのダイエットに無理はないか

▽上記についてご説明します。

 

【1】ダイエットをする理由(具体的に)
人間は具体的な目標であればあるほど、そこに向かってモチベを維持できます。
ただ単に「痩せる」というだけではなく、「痩せたら何をしたいのか」という所を明確にしましょう。

例)痩せたらビキニを着て8月に海に行く

 

【2】ダイエットをする期間と目標
これも【1】と同じで、永遠に果てしない道のりを歩いて行くよりも、ゴールを決めた方が「あと半分!」などモチベを継続することが出来ます。
大きな範囲ではなく、1ヵ月の目標など細かく区切った目標を持つ方がいいです。

例)7月までに-2kg、8月までに-5kg

 

【3】どういったダイエットをするのか
ダイエット方法は世の中にたくさんあります。その中で自分が一番やりやすいダイエットを選びましょう。

・食事方法は自分にあっているか(NG食材、OK食材)
・何が必要でどれぐらいのペースで減っていくのか
・デメリットはあるのか(あっても許せるものなのか)

 

【4】そのダイエットはなぜ痩せるのか
ダイエットを始める前にはなぜその方法で痩せる事が出来るのかを知っておきましょう。
そうする事でダイエットの失敗を防ぐことが出来ますし、長く続けるうちに応用が利くようになってきます。

 

【5】そのダイエットに無理はないか
例えば、お昼のランチは同僚と毎日外食をしているOLさんが「お昼ご飯を抜く」というダイエットを始めた場合、最初はランチを断れていたとしても皆が楽しくランチしているのを見ているうちに心が折れてしまいます。
そうならないためにも、そのダイエット方法はあなたのライフスタイルに溶け込める方法なのか?という所をしっかり確認しておきましょう。
長期間の継続が無理なダイエットはやめるべきです。

 

長期的なダイエットを目指す

正しい食生活や体内環境を整えるには最低でも1か月はかかります。
その為、短期間でダイエットをするとダイエットが生活の一部になっていないため、その時は痩せますがダイエットを終了すると同時に生活習慣も元に戻りリバウンド。

 

それに比べて長期的なダイエットはダイエットそのものを習慣化させて身体がその生活に慣れるので、ダイエットを終了しても元の生活習慣に戻りにくくなっています。
「ダイエット=生活習慣の改善」と心掛け、その正しい生活の習慣化を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

過食症を未然に防ぐ方法

リバウンドをする以上に怖いのがこのダイエットで食事制限をし過ぎてしまったが故の過食症状です。過食症になるとリバウンドするどころか、元の体重よりも太ってしまい心身ともに健康を損なってしまいます。
予め過食症を予防する方法を学び、過食症になるのを未然に防ぎましょう。

 

我慢をし過ぎない

過食症はダイエットによる過度な食事制限から、何らかの理由である日突然プチンと糸が切れるように猛烈な食欲に襲われてしまい引き起こされます。
その為、過度な食事制限を辞め、長期的で長く実践しすぎる方法を行っていきましょう。

例えば、1か月毎にご褒美を決めて、所々で欲を満たしていくとストレス解消に大いに役立ちます。
ストレスは極力溜め込まないためには、たまにの息抜きも必要ですよ。

【関連記事】
⇒糖質制限はなぜ痩せる?お肉もチーズも食べ放題!

 

食事の時間を決める

食事時間を決めてそれ以外は食べないようにコントロールしましょう。
お腹がすきすぎるとどうしても食欲って増してしまいますよね?そうならない為に、3食の間隔をおおよそ4~6時間空けて摂ると過度な空腹になることもなく食欲が抑えられますよ。

例)
朝7時:朝食
昼12時:昼食
夜7時:夕食

など。ご自身のライフスタイルに合わせて時間を設定してみてくださいね。

 

3食キチンと食べる

上記でもお伝えしていますが、過度な空腹は過食を促してしまいます。
ですので、出来る限り空腹を抑えるために食事と食事の間の時間を調整し、3食きっちり食べましょう。
こうすることで空腹の時間を少なくすることが出来ます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエット成功の裏には反動によるリバウンドや過食といった怖い症状も潜んでいます。
ダイエットをする前の段階からしっかり計画を立て、長期的な生活習慣の改善をすることでそれらは未然に防ぐことができます。

ぜひ、この記事を読まれたダイエッターの皆さん。
今一度ご自身のダイエットについて振り返ってみてくださいね^^

ダイエットの基礎知識カテゴリの最新記事

トップページへ戻る