縄跳びダイエットで足が太くなるって本当?ふくらはぎに筋肉が付く理由と対処方法

縄跳びダイエットで足が太くなるって本当?ふくらはぎに筋肉が付く理由と対処方法

ご覧いただきありがとうございます。
-30kgダイエッターの
ももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

 

今回は読者の方からのご質問に答えます、それがこちら!
「縄跳びダイエットって足が太くなるんですか!?」問題についてお答えしていきます。

縄跳びで本当に足は太くなる

 

これ、正直かなり聞かれますし、巷でも結構言われてますよね(;^ω^)

実際に痩せるどころか足が太くなった!
筋肉が付いてムキムキに!!

とかっていう口コミも見かけます。

でも、実際のところってどうなんでしょう???

そこで、この真相について調べてみました!

 

▼こんな人にオススメ
・縄跳びダイエットをしたいと思っている
・痩せたいけど足が太くなるのは嫌
・足が太くならない跳び方が知りたい

それではいってみましょーー!

 

縄跳びで本当に足は太くなるの?

縄跳びダイエット

単刀直入にこの質問について答えます。

ズバリ!

「ある程度筋肉はつくけど心配するほどではない」

これに尽きます。

 

筋肉には「遅筋」「速筋」という2種類あり、この中でもジョギングや縄跳びによって付く筋肉は「遅筋」に分類されます。
逆に速筋はボディビルのように強烈な力を出して行うときに使われる筋肉で、この速筋は鍛えれば鍛えるほど増えていきます。

 

縄跳びを跳び始めると、最初は筋肉が付いて居なかった所に筋肉が付き始めるので「足が太くなった!」と思われがちですが、それは運動に必要な筋肉が付いただけ。

 

遅筋が付く量というのは限りがあるので、その運動で動かすのに必要な筋肉量が付けばそれ以上増え続けることはありません。

 

現にマラソン選手なども遅筋がついていて毎日激しいトレーニングをしていますが、極端に筋肉でムキムキした人はいませんよね?
その原理と同じです。

 

なので、初めは多少筋肉がついて太くなっていると感じますが、それは気にする事ではありません。

 



スポンサーリンク

縄跳びダイエットで足が太くならない方法

縄跳びダイエットで足を太くしない方法

とは言え、出来る事ならその遅筋さえもつかないように、体重だけ落としたい。
足を細くしたい。と思うのが女心ですよねw

そこで縄跳びダイエットをしながら、なるべく足を太くしない方法はコレ!!

 

跳んだ後にふくらはぎ~太ももをマッサージする

縄跳びを跳んでもらったらわかると思うのですが、跳び終わったあとは足がパンッパンになります(;^ω^)
ですので、跳んだあとはふくらはぎ~太もものリンパを流すように、ゆっくりマッサージを行いましょう。

 

これをすることで、リンパがしっかり流れてむくみを防止。
脚痩せにとても効果的です◎

このマッサージについては、湯舟の中で行うのもとてもいいです(^^♪

 

筋肉が付くと脂肪が落ちやすくなる

筋肉をつけると代謝が上がる

縄跳びダイエットで筋肉が付くことを気にする女性も多いですが、この筋肉が付くことにより、他の部分の脂肪が落ちやすくなる効果があります。

むしろ私的には、足に筋肉が付いて太くなることよりも、基礎代謝が上がって身体の消費カロリーが上がる事の方が断然メリットが多いと思います。

ですので、最初は気になるかもしれませんが、むしろダイエットには好都合。
自然な筋肉はしっかりと付けることをオススメします(^^♪

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は縄跳びダイエットで本当に足が太くなるのか?についてお伝えしていきました。
縄跳びを行うことで付く筋肉については、それほど心配することはなさそうですね。

筋肉が付くことにより、基礎代謝があがりますので、身体の他の部分が細くなる効果が期待できます!

筋肉が付くのはあまり気にせず、楽しく縄跳びダイエットを行っていきましょう!

 

運動カテゴリの最新記事

トップページへ戻る