間食をやめる方法!10秒で空腹感が消える効果的なダイエットのやり方とは?

間食をやめる方法!10秒で空腹感が消える効果的なダイエットのやり方とは?

ご覧いただきありがとうございます。
-30kgダイエッターの
ももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

 

今回は初耳学で話題の「たった10秒で空腹感を消す方法」についてのお話です。

たった10秒間で間食を止める方法

ダイエット中なのに、ついつい小腹がすいてお菓子を食べちゃった経験ありますよね?

食べちゃいけない!と分かっているのにどうしても我慢できなくてチョコやポテトチップスをぱくっと。
でも食べた後に後悔して自己嫌悪・・・。

 

ももんが
私もよくあります。。。

 

今回、初耳学で放送された内容はそんな私達の悩みを解消!
なんと“たった10秒で空腹感を消す”という方法だったんです。

 

これは必見!と思って必死にメモしてる私がいましたw
今回はその裏技をお伝えしていきます!

 

▽こんな人にオススメ!
・間食が多い
・間食がやめられない
・間食を止めたい
・ダイエットを成功させたい

それでは行ってみましょー!!



スポンサーリンク

 

そもそも、なぜお腹が空くのか?

 

まず人間は日頃から、糖をエネルギーとして利用しています。

人間は糖をエネルギーとして利用している
そしてその糖が減って行くと「糖分が足りないから摂取せよ」という指令が脳へと送られます。

そうする事で、人は空腹を感じてしまうのです。

 



スポンサーリンク

空腹感を消して間食を止める方法

 

それでは気になる、間食を止める方法をご説明します。

やり方はとっても簡単!

「空腹を感じたら10秒間その場でダッシュ!」

10秒間で空腹を消す方法

たったこれだけになります。

 

ももんが
え、、簡単すぎる、、、

 

私もこのやり方を知った時に、めっちゃビックリしました。

 

本当にこんな簡単なやり方でお腹が減ってるのが収まるのか!???
気になるメカニズムをご説明していきますね!

 

10秒で空腹感が消える理由・メカニズム

 

先ほどご説明した通り、空腹になる理由は体内の糖が減ってしまい脳に命令が行くからでしたよね?

この10秒間その場ダッシュをする事により、筋肉に蓄えられていた糖分が血液へ排出されます。

運動をすると糖分が血液へ排出される
(実はちょっと備蓄があったんですね…w)

 

これにより、脳のセンサーが「糖分が上がって来た!」と勘違いするわけです。

 

糖分が入ったと勘違いする

 

そして血液へ排出された糖分は、ダッシュする=筋肉運動に使われていきます。

 

血液の糖分は運動に使われる

ここでのポイントは、
ダッシュすると筋肉の糖分が血液へ排出される事!

つまり私達の身体は、運動をする度にどんどん糖を消費してるということになりますね。

 

スポンサーリンク

10秒で空腹感を消す裏技の実践結果

ガンバレルーヤのダイエット挑戦

実際にこの裏技をテレビではガンバレルーヤのお2人が挑戦されていました。

 

結果…

空腹がなくなった

数値的なものはないのですが空腹感は軽減したようです。

また、この運動で間食をやめることが出来た人の中には、

1ヵ月-3.7kgものダイエットに成功されている方もいらっしゃいます。

 

まとめ

今回は「たった10秒で空腹感を消す方法」についてお伝えしました。
我慢出来ない空腹感。特にダイエット中の方は思い当たる所があると思います。

そんな時に10秒間その場で走るだけで、お腹が空かなくなるならめっちゃ良いですよね!

その場でダッシュするだけなら、お家はもちろん。
職場やトイレやどこでだって実践出来ちゃいます。

 

これはとってもお手軽で便利!
この方法さえ知っていれば、思い立った時にいつでも実践出来ます。

ダイエッターの皆さん!ぜひこの裏技を覚えて実践してみてくださいね♪

 

ダイエットの基礎知識カテゴリの最新記事

トップページへ戻る