足が細くなりたい中学生に!0円で簡単に美脚になる筋トレダイエット方法

足が細くなりたい中学生に!0円で簡単に美脚になる筋トレダイエット方法

ご覧いただきありがとうございます。
-30kgダイエッターの
ももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

 

本日は「中学生がお金をかけずに足を細くする方法」についてお伝えします。

中学生がお金を掛けずに足を細くする方法

 

中学生と言えば、美意識も高まって来て周りの女の子よりも可愛くきれいになりたい。
なんて思う場面も多くなってきていると思います。

 

でも、まだバイトも出来ませんしおこずかいだって少ないからあまり高価な道具などは買えませんよね?

 

そんな中学生の女の子のに、今回はお金をかけずに自宅で簡単に足を細くする方法をご紹介します。

 

ももんが
私も中学生の頃に初めてダイエットをやったから、その気持ちわかるな~

 

▽こんな人におすすめ。
・お金をかけずに足が細くなりたい
・学生でダイエットにお金をかけられない
・家で簡単に出来る筋トレが知りたい

それではいってみましょーー!



スポンサーリンク

 

足を細くする近道は生活習慣を変えること!

中学生の日常生活を変える

学生さんなら、普段の学校生活でも体育の授業がありますし、登下校で歩く機会も多いと思います。
さらに年齢も若いので基礎代謝量が多くて大人よりも足を細くしやすいです。

 

なので、普段の日常生活でもよほどの事がない限り足が太くなりすぎることはないです。
ですが、その中でもやっぱり足を引き締めたいのであれば、まずは普段の学校の登下校から意識してみましょう。

 

自転車通学の場合

自転車という乗り物は、漕いでいるだけでもしっかりとカロリー消費が出来るのでダイエットにピッタリの乗り物です。

自転車に乗りながら脚痩せを意識するのであれば、下記のような乗り方を実践してみてください^^

【自転車の漕ぎ方】
1、サドルの高さを少し上げる(つま先が地面に付く程度)
2、親指に力を入れて足全体でくるくるとペダルを回して漕ぐ
3、1秒間に1回転するぐらいのペースをキープして漕ぐ
4、ギアがある場合は少し息が上がる程度に設定する

出来れば最低20分は漕ぎ続けられるとベスト。
毎日の自転車通学で美脚になれますよ♪

 

徒歩通学の場合

歩くという行動はダイエットの基本!
キレイな歩き方は脚痩せだけでなく、身体全体を引き締める事が出来ますので是非マスターしてくださいね。

【歩き方】
1、頭の上から糸で引っ張られているイメージで背筋を伸ばす
2、胸を張ってお腹にぐっと力を入れる
3、足はまっすぐ前に出して、かかとから着地するように歩く
4、出来るだけ歩幅は大きめを意識する

通学の時だけではなく、普段の学校生活でも取り入れられる方法です^^
最初は少し大変かもしれませんが、慣れる自然とキレイな歩き姿になれますよ。

 

電車通学の場合

距離や乗っている時間にもよりますが、なるべく座らずに吊り革を持って立つようにしましょう。

【電車の中でもエクササイズ】
1、つり革をしっかり持つ
2、背筋を伸ばしてまっすぐに立つ
3、足のかかとを浮かせる⇒下ろす を繰り返す

たったこれだけです。
とても簡単なのですが、ふくらはぎに効いているのがわかるかと思います。

つり革が空いていなかったとしても、電車の壁に手をついてやってみたり、手すりを持ってみたりと比較的どこででも出来ますので空き時間にしっかり足を引き締めましょう。

 



スポンサーリンク

自宅で出来る!0円で脚痩せ筋トレ・エクササイズ

0円で出来るエクササイズ

それでは自宅で簡単に出来るので効果の高い脚痩せエクササイズをご紹介します。

足パカ(横)エクササイズ

1、仰向けに寝る(手は身体の横へ)
2、両足を閉じたまま90度まで上げる(横から見たらL字)
3、かかとを引っ付けてつま先は外側へ
4、そのまま出来る限り大きく開く
5、次にゆっくりと元の位置に戻す

4~5を1回とカウントして、30~50回繰り返す。

寝る前など、お布団の上でやると腰が痛くなりにくくておすすめです♪

 

足パカ(縦)エクササイズ

1、仰向けに寝る
2、片足を30度ぐらいに持ち上げる
3、その状態を5秒間キープして下ろす
4、もう片方の足も同じようにする

左右で1回として、30~50回繰り返す。

足パカ(横)エクササイズとい一緒にやってみてください^^

 

まとめ

 

今回は「中学生がお金をかけずに足を細くする方法」についてお話していきました。
中学生はまだまだ成長盛りの真っただ中!

無理なダイエットなどは体調を崩してしまいますので決して無理はせずに、普段の生活の中で少しずつ効果的なエクササイズを取り入れてみてくださいね^^

運動カテゴリの最新記事

トップページへ戻る