チートデイでまさかの失敗!その原因と停滞期を脱出する方法は?

チートデイでまさかの失敗!その原因と停滞期を脱出する方法は?

ご覧いただきありがとうございます。
-30kgダイエッターのももんが (@momo_dietlife) です(^^)/

ダイエットの停滞期

今この記事をご覧の方はきっと停滞期に悩まれていて、チートデイをしようかどうか悩まれている方だと思います。

 

ダイエットの仙人
チートデイはダイエットの諸刃の刃じゃから慎重にな!

 

“停滞期を脱出するにはチートデイが良い。”とは聞きますが、今まで食事制限をして頑張っていたのにここで本当に食べていいのか心配になりますよね(-_-;)

 

チートデイが停滞期脱出に効果的なのはもちろんですが、一歩間違えれば失敗して逆に太ってしまうことも…!!

そうならないためにも、しっかり失敗例を把握して賢くチートデイを行いましょう。



スポンサーリンク

 

【失敗例】こんなチートデイは失敗する!

 

食べる量が少なすぎる。

チートデイ失敗

実はチートデイをするにあたり、食べるべきカロリーというのが決まっています。

普段の摂取カロリー × 2~3倍
=チートデイで食べて良いカロリー

思った以上に高カロリーですよね(;^ω^)
普段ダイエットをしている人にいきなりこれだけのカロリー摂取を求めても、太るのが怖くてなかなか食べられないと思います。

 

ただ、それこそが失敗の原因!
ここで中途半端なカロリー摂取に留まると、チートデイの意味がなくなってしまいます!

 

普段から摂取カロリーを計算して、チートデイの時には思い切って食べて見て下さい。
食べる事が停滞期脱出の近道ですよ!!

 

糖質を制限してしまう。

チートデイは比較的食べるものは自由ですが、油っこいものや甘いスイーツは控えめに。
その変わりエネルギーになる炭水化物を多く取りましょう!

糖質制限をしている人にとっては、これもハードルが高いですね(;^ω^)

オススメは、パスタ、ラーメン、ごはんです。
また1食でドカ食いをするよりは、3食に分けて食べるとより一層効果的ですよ♪

 

 

停滞期じゃないのにチートデイをする。

失敗原因でこれが意外と多いそうです。
チートデイは「停滞期」に行うのが絶対!

ただのストレス発散で行うとそれはもう体重増加への近道まっしぐらです!

 

めちゃくちゃ食事制限もして、運動もして、増えるはずがないのに増えている。など、明らかな停滞期症状が出るまでは絶対にチートデイは行わないでください!

 

数日間チートデイを続ける。

チートデイは【1日限定】で行いましょう。

2日目も食べてしまうと、身体が順応しますのでチートデイの効果は激減してしまいます。それどころか体重増加、ダイエット失敗になりかねません。

 

体脂肪率が高い人は要注意!

体脂肪が高い人はチートデイ注意

チートデイは体内のレプチンという物質の分泌量を増やす為に行います。
ただ、体脂肪が高い人は「レプチンの分泌量が多いのに効率的に使えていない状態」の場合があります。

その場合はチートディの意味がなくなってしまう可能性がありますので、チートディをする時は下記の表を参考にしてよく見極めて行ってください。

【男性の場合】
25%以上・・15日に1回
15%以上・・10日に1回
10%以上・・7日に1回
【女性の場合】
30%以上・・15日に1回
25%以上・・10日に1回
20%以上・・7日に1回

※体脂肪率が高い人ほど、チートデイは慎重に!

 



スポンサーリンク

そもそもチートデイとは?

 

チート(騙す)デイ(日)でチートデイ。つまり、身体を騙す日という意味です。

 

糖質を抑えるようなダイエットをしていると、体内のレプチンという物質が減少し脳が勝手に「身体が飢餓状態だ!」という信号を送ります。
その為、防衛本能が働くので身体が省エネモードに突入。その結果代謝が落ち、体重が落ちにくくなってしまうんですね。

 

チートデイとはその省エネモードに入った時に「いやいや、飢餓状態じゃないよ」という事を脳に教えるために、食事を多くとって省エネモードを解除することを意味します。

 

一般的にレプチンという物質が減少する事で停滞期が訪れると言われており、このレプチンを増加させると停滞期を脱出することができます。

そしてこのレプチンを増加させるために必要なのが糖質。なので、このチートデイには炭水化物を多く摂ることが必要になってくるんですね。

 

チートデイのメリット

チートデイのメリット

停滞期を脱出出来る

もちろんこれが一番のメリットです。チートデイを行うことにより減量効果を加速させることが出来、ダイエットをより効果的に行う事が出来ます。

 

ストレス発散

今まで食べたくても食べられなかったものを思う存分楽しめる日です。翌日からのダイエット再スタートに備えてしっかり気持ちをリフレッシュしましょう。

 

スポンサーリンク

チートデイのデメリット

チートデイのデメリット

チートデイを行い1度食べてしまったことにより歯止めが利かなくなってしまうことです。
ダイエットは食事を我慢することが大半な為、1度好きな物を好きなだけ食べるこのチートデイを行うと、その快感からもう戻れなくなってしまう人も多数います。

 

※チートデイは必ず行う必要はありません。
停滞期も永遠に続くものではなく、ある程度の期間が過ぎればまた体重は減りだしてくれます。

 

その為、チートデイを行うことによりダイエットが嫌になってしまったり、戻れなくなりそう。と少しでも不安がある方はチートデイを行うべきではありません。
ある種、ダイエットよりもメンタルの強さが求められるかもしれませんね(;^ω^)

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

チートデイは好きな物を好きなだけ食べらるのにダイエットになる!魔法のような日ですよね。
ただやり方を間違ってしまうと、停滞期を抜けるどころか逆にダイエット効果をゼロにしかねません。

しっかりとした知識を持って、チートデイを使い効率良くダイエットを行いましょう!
 

▽こちらの記事もよく読まれています。

停滞期・チートデイカテゴリの最新記事

トップページへ戻る